ヨロズヤ雑記帳

ちょっと萌えた


今日もラフを三枚上げておわり。
割と順調なのかなぁ。もうちょっとペースあげたいなぁ。

▼小説
「ぷいぷい! 1」(著:夏緑)
「“文学少女”と月花を孕く水妖(ウンディーネ)」(著:野村美月)
購入。
まだ読んでいませぬ。


▼日常
帰りの人がまばらになった電車の中で、立ってきょろきょろしている人が居ました。
なんだかしきりに辺りを見回したり、ポッケの中に手を入れてモゾモゾしたり、椅子の下を覗き込んだり。
どうやら何かを探している様子。

不思議に思って見ているとそのひとがくるっと見回すように一回転しました。
それでわかりました。

「携帯を探しているんだ」と

その携帯ですが、なんかピッタリとはまったように、そのひとの鞄の上にちょこんと載っていまして、くるくる見回した程度じゃ落ちないようで。しかも中折れ式のが開いたままで・・・・・。よく落ちないもんだ。
さらに、そのひとからは丁度その場所が死角になっていて、見えてないようでした。


僕:「何かお探しですか?」

その人:「け・・・・・・」

僕:「け・・・?」

その人:「携帯を・・・・・・」

僕:「鞄の上に載ってますよ」

その人:「えっ???」

くるくる見回す(しかし見えない)

僕:「ここ、ここ!」(鞄の上を指差す)

その人:「ああああっ!?」


不覚にもちょっと萌えそうになった帰宅中の一コマでした。



※この日記は多少、フィクションです。登場人物の性別が女性なあたりが・・・ね(笑)
2008年01月08日(火) No.840 (その他)

No. PASS